1970溶接材料上に銅メッキを一層施すことは、溶接材料の防錆にとり一大飛躍でした。

1990 環境保護意識が頭をもたげ、電気メッキは次第に難しくなり、高級溶接ワイヤーの産地でもだんだん銅メッキができなくなりました。しかし、取引先の銅色表面の求めに応じ、出荷前に銅スプレーするしかありませんでしたが、これはスプレーの過程で水分や不純物が混入することがあり、錆をより誘発し、しかも銅層の下でさびて、直接品質に影響しました。

2000 環境保護意識が日に日に普及し、各溶接材料メーカーも相次ぎ銅メッキなしの溶接材料を出し、環境汚染の減少、作業者の銅煙塵による傷害がないなどの長所を標榜しています。現在、わが社では、銅メッキなしで不純物が混入する機会を減らし、さらに防錆の付加を提唱しています。